成人式に振袖を着るには、方法は3つなんです。購入する、レンタルする、手持ちの振袖を着る、この中のいずれかです。最近とっても増えているのが3番目。通称「ママ振」です。

昔のみどまのお客様

みどまは振袖を扱ってかれこれ30年以上。その頃は主に掛川市、菊川市のお客様を対象に振袖を販売しておりました。そのお客様がママになられて、ご自分の振袖をお嬢さんに着せたい、とお持ちになるのです。
嬉しいですね。みどまの振袖を大事にしていただいていたこと、再びみどまをご利用いただけること。
本当にありがたいものです。
昔話に花を咲かせながら?、寸法、汚れなどのチェック、お嬢さんの好みや流行に合わせて小物を代えたりして、お嬢さんらしい振袖に仕上げていきます。
中には何も手を加える必要がない場合もあります。そんなときは、みどまの振袖の完璧なコーディネイトに、あらためて満足する瞬間でもあります(笑)

「ママ振」大成功のカギ!

これは「ママ振」が大成功した例なのですが、一般的にいくつかハードルがあります。

まず汚れ。しみ抜きなどご予算に応じてご相談承ります。

次に寸法です。お母さんとお嬢さんとの身長、体格の違いで、残念ながら…という方も。でも、精一杯ご相談おうけします!

まだあります。それが似合うか、それをお嬢さんが好きかどうかです! これは、一番大事なところですね。

もちろん「ママ振」は、みどまで販売させていただいた振袖だけが対象ではありません。お手持ちの振袖がある方は、「ママ振」をご検討いただき、掛川の振袖のみどまを頼ってください。

「ママ振」には、お母さんの思い出がいっぱい詰まっています。おじいちゃん、おばあちゃんとも会話が弾むのではないでしょうか。お嬢さんの成人式がご家族の最高の思い出になるよう、みどまは精一杯お手伝いをさせて頂きます。

hana_line_600

いつまでもキレイをお手伝い!
(有)きもの みどま 代表者 中嶋孝治
〒436-0022 掛川市上張925-8
0537-24-7071
「きもの美人にレッツ チャレンジ!
チョットの差に チャレンジ!」