インタビューを受けてくださった松浦 杏さまのお母さま・松浦 紀子さま

Q:まずは、お嬢さまの振袖選びはいつ頃から始められたのかお聞かせください。

A:うちは「ママ振」なんですね。今年に入って娘に「わたしの振袖でいい?」と聞いてみたんです。そうしたら、娘が「これ、いいね」と言ってくれたので、わたしの振袖をそのまま着ることになりました。

Q:お母さまの成人式のときの振袖ですね。

A:そうなんです。

Q:どんな振袖ですか?

A:朱色で古典柄です。

Q:ご自分の振袖をお嬢さまが着てくれるって、やっぱり嬉しいですよね。

A:本当にそうですね。好みがあるのでどうかなと思っていたんです。普段、赤い色の服などはほとんど着ないので。

普段赤いお洋服はあまり着られないとのことですが、朱色の振袖がとてもよくお似合いです!

Q:お嬢さまが初めての女の子のお子さんですか?

A:はい、長女です。下に男の子がいます。

Q:振袖はお母さまのもので、小物類はどうなさいましたか?

A:わたしの草履やバックはもう使えないので、半襟なども含めてみどまさんで決めさせていただきました。

Q:みどまのご利用は初めてですか?

A:これまで小物がほしいときなど、ちょこちょこ利用させてもらっていました。ずいぶん昔なんですが、知り合いがこちらにお勤めしていたこともありまして、昔の店舗のときから知っていました。

Q:そうだったんですね。普段からお母さまは着物を着られるんですか?

A:いえいえ、全然着ません(笑)七五三とか葬儀とか、着なくちゃいけないときくらいですね。

Q:とてもお似合いなので普段から着られているかと思いました!

A:上手に着せていただきました(笑)

Q:みどまのいいところやおすすめポイントを教えていただけるとうれしいです。

A:品数が多いことですね。振袖だけでなく、帯締めや帯揚げや半襟などいろいろな色があったので、たくさん試させていただきました。事前に「こんなのがいいかな」と思っていたイメージもあったんですが、実際に娘が選んだのは全然違ったものでした。

Q:どんな感じのものをお選びになったんですか?

A:古典的な感じのものですね。ビーズがついていたり、パール系のキラキラした感じとか、もっと今風のものを選ぶと思っていたんですが、娘は案外普通のものを選んでいました。

お母さまにとっては意外だったという小物類

朱色の振袖と合わせ、まとまりのあるデザインが素敵です。

髪飾りはやさしい色で統一。やわらかな印象を引き出します。

Q:選ばれたのは、ご本人とお母さまのお二人ですか?

A:はい、そうです。

Q:では、ほかのご家族は実際の振袖姿は今日が初めてなんですね。

A:はい。このあと夫と息子が来ます。

Q:お父さまはきっとドキドキですね。

A:どうでしょうかね。楽しみですね(笑)

Q:うれしかったことや楽しかったことをお聞かせいただきましたが、逆に振袖選びで困ったことや大変だったことはありましたか?

A:品数が豊富な中から選びたいというのがあったので、掛川、袋井、浜松あたりまで見に行きました。しいていうなら、それが時間がかかって大変でした。

Q:お住まいは掛川ですか?

A:はい。

Q:近くでいいところが見つかって良かったですね。

A:ええ、本当に。写真もここで撮っていただけるので、それも助かります。

Q:お嬢さん、今日はドレスも着られるんですよね。

A:そうなんです。ドレスは着たがらないんじゃないかと思っていたんですが、本人の希望なんです!

Q:では最後に、これから振袖選びをされる方々に、アドバイスなどあればお願いいたします。

A:成人式の振袖選びって、振袖を選ぶだけでなく髪型とか着付けとか写真とか、トータル的にやっていただくことじゃないですか。そいうことも含めて総合的に判断したときにどこがいいかなと思い、わたしたちはみどまさんを選びました。
若い子って、小物もすごく大事にするじゃないですか。そういうものも充実していて、いろいろ選べるところもみどまさんのいいところだと思います。
うちの場合、振袖は決まっていたので、あとは小物選びですからね。小物で印象がぐんと変わりますから。

Q:お嬢さんの気に入ったものがあって本当に良かったですね。

A:そうですね!

お嬢さまにとって、ご家族にとって、思い出に残る1日となりますように…

Q:今日はありがとうございました。