掛川の振袖のみどまは、おかげさまで、今年ちょうど30周年を迎えることが出来ました。9月に30周年記念展を開催するはこびになりました。このブログがアップされる日は、ちょうど 【みどま 30周年記念展】 を開催してる最中だと思います。掛川のみどま店舗にて、9月22日から25日まで開いていますので、興味のある方は覗いてみてください。

 そんな、振袖が得意な掛川のみどまなんですが、最初は何を隠そう周智郡は森町での展示会からのスタートだったのです。「えー、何で森町なの?」 と思われるかもしれませんね。

 振袖のみどまは、今から30年前に、掛川でスタートはしましたが、掛川でもまだ全然名前も知れてませんし、それだったら少々離れた森町からスタートしてもいいんではないかな、と思い、初めての展示会を何故か周智郡森町で開きました。

 振袖のみどまの開業届けを出したのが、30年前の2月13日、寒い日でした。・・・多分寒かったと思います。(笑)

 それから その寒い中、一途に3ヶ月間、森町の家を一軒一軒回りました。森町戸綿、森町天方、懐かしいですね。森町森は勿論、森町の城下、森町谷中、森町一宮、森町中川、それにだんだん思い出してきました。そうそう それとここを忘れてはいけません、森町飯田、睦美だったかな。記憶が少々怪しくなりますが、懐かしいです。

 名簿を片手に、来る日も来る日も回り続けました。 『掛川のみどまです。初めての展示会を森町の南町の公民館で開催します。出かけてください。』 と。

 そして4月2日から森町の南町公民館で開催した展示会。有り難いです、全然知らない店の、それも駆け出しの店の展示会なのに、何人かの方たちに来ていただけました。その最初のお客様の中には、今の掛川の振袖のみどまの【トレードマーク】みたいになっている看板の、文楽人形を描いてくれた息子さんのお母さんもいらっしゃいました。

 今から考えれば本当に有り難い話です。世の中には、有り難い方たちがいらっしゃいました。私は、30年経った今でもハッキリ、その方たちの名前を覚えています。本当にその節は有難うございました。

 でも、その看板のお母さん、そしてその優しいお父さんも、お二人共亡くなられて、今はおられません。そう考えると30年は長いですかね。

 そんな 懐かしくもあり、お世話になった森町です。ありがとうございました。

森町公民館

hana_line_600

いつまでもキレイをお手伝い!
(有)きもの みどま 代表者 中嶋孝治
〒436-0022 掛川市上張925-8   ☎0537-24-7071
 
掛川市はもとより、菊川市、袋井市、森町、磐田市、島田市にお住まいの、
成人式の振袖を購入・レンタル・ママ振(お母さんの振袖を着ること)ご希望の方達にとって、
無くてはならない店を目指しています。
どちらにお住いの方も、新しい道を利用していただくと30分もあれば 来ていただくことができます。
広い停めやすい駐車場でお待ちしてます。
 
「きもの美人にレッツ チャレンジ! チョットの差にレッツ チャレンジ!」!