先日成人式用の振袖の仕入れに京都に行ってきました。今回は掛川の振袖のみどまの成人式用振袖仕入れのノウハウを明かしたいと思います。
 

●▼●▼●  ●▼●▼●  ●▼●▼●  ●▼●▼●  ●▼●▼●  

 
 

1.

1か所の問屋・メーカーで見るのではなく、できるだけ多くの仕入れ先を回ること手間を惜しまず、です。(振袖のメーカー・問屋は、同じところからの仕入れでも、その仕入れ担当のセンスとか好みが、振袖の商品ぞろえに反映しているからです。)
 
2.
振袖のブランドなんかに影響されない、基本的な色柄のセンス、商品の良し悪しを見極めること!
 
3.
柄を見たときの第一印象で、「ピン」とくる振袖を、「荒より」の感じで出しておく。
 
4.
3で出しておいた振袖を、少しづつ柄が見えるようにずらして置いて、その横で話をします。 話をしている間もずっと見れるようにしておくこと。(第一印象では目新しさが影響して良く見えることがあり、往々にして外れることも結構あります。 長い時間みていても飽きないものがいい、ということです。わかりますかね?)
 
5.
そして最初の感覚が薄れない振袖だけを、その振袖のメーカー・問屋の売り場の女の子に簡単に羽織ってもらいます。何故だかわかりますか?そう。振袖を広げた状態のときと身にまとったときとでは、見え方が変わるからです。 どちらが大切か、勿論わかりますよね。
 
6.
それで「合格」の振袖は、ここから値段交渉です。その振袖のセンスと加工度合いに見合う価格で、できるだけ安く仕入れすることを心がけています。でも 無茶苦茶は言いません。言ってないつもりです。それは みどまもそうですが、問屋も霞を食って生活しているわけではありませんから、ホドホドにしているつもりです。(もっとも 私はそう思っていますが、振袖の問屋、メーカーはどう思っているかわかりませんが?)
 
7.
「合格」の振袖は、着姿を写真に撮っています。後からそれを見て、ニヤニヤしているのです。(趣味悪っ!)
 
8.
振袖を選ばれるお嬢さん一人一人に個性があり、好みがあります。すべての人が望むものを100%仕入れるわけには効率からできません。それで昔から心がけているのは、『世の中の80%の人に満足いただける振袖の商品ぞろえ』です。これが、掛川の振袖のみどまの、成人式の振袖の仕入れについての基本姿勢です。
 
 

●▼●▼●  ●▼●▼●  ●▼●▼●  ●▼●▼●  ●▼●▼●  

 
以上、少々掛川の振袖のみどまの小難しい『成人式の振袖仕入れ心掛け』を書きましたけど、少しは知っていただけたでしょうか?
結論は、吟味して振袖をそろえていますので、そんなつもりで振袖を楽しみに、確認するべく掛川の振袖のみどまに来ていただきたいということです。
 
(でも この文は振袖の問屋、メーカーには読んで欲しくないですね。振袖みどまの手の内を明かしては今後やりにくくなるからです。ハイッ。)
 

hana_line_600
いつまでもキレイをお手伝い!
(有)きもの みどま 代表者 中嶋孝治
〒436-0022 掛川市上張925-8 ☎0537-24-7071

掛川市はもとより、菊川市、袋井市、森町、磐田市、島田市にお住まいの、
成人式の振袖を購入・レンタル・ママ振(お母さんの振袖を着ること)ご希望の方達にとって、
無くてはならない店を目指しています。
どちらにお住いの方も、新しい道を利用していただくと30分もあれば 来ていただくことができます。
広い停めやすい駐車場でお待ちしてます。
「きもの美人にレッツ チャレンジ! チョットの差に チャレンジ!」