みんなで撮影をしました

何の撮影かというと 今度ホームページをリニューアルするのですが、その中に入れる動画です。新人さん以外のみどまの社員全員で撮りました。今現在ホームページに載せている店紹介の動画はというと、殆ど社長(私)がいい気分?で喋っています。今回は違います。みんなで手分けしてホームページを作ろう!という事で分担して喋りました。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

最近、「ジャパネットたかた」さんの高田社長が出した『伝わる力』?でしたっけ。読みました。その本に書かれているようなレベルには到底及ばないと思いますが、『みんなでやる!』ということに意義があるのだと勝手に決め込んで、撮影しました。このブログを読んでいる方は、今の店紹介の動画と、もう少し後でリニューアルされる動画を、よかったら見比べてみてください。前回は約7分くらいでした。長いので、今回は5分以内に収めるべく、何回も文章を推敲し、練習し?トライしました。できの方は如何か、私も楽しみです。

さて そこで喋った内容です。みどまをより深く知っていただけるように、みどまのサービスのサワリをみんなで喋りました。今後このブログの中で順に触れていきたいと思っています。

数年前からみどまでは、掛川、菊川の比較的近い地域の皆様だけでなく、広域でご案内をしているので、磐田市、袋井市、森町、菊川市、島田市など、少し距離感のある地域の方々にみどまを知っていただけるように、と配慮しました。もちろん地元掛川市の方達にも、知っていただけていそうで知っていただいてないのが現状だからです。
磐田市など地図
やってみて、上手に喋って伝えることの難しさがわかります。先ほどのジャパネットの高田社長、厳密に言えば元社長の高田さんのようには到底いきません。高田さんによれば、同じことを喋っても伝わり方は全然違うと。そうでしょうね。やってみてよく分かります。

また その高田さんの本に、こんなエピソードが書かれていました。いつものように商品販売の撮影をしていたときのことだそうです。その商品を買って使った人のことを思って、あまりにも真剣に力を入れて喋ったら、感極まって泣いてしまったとありました。周りのスタッフも泣いていた、と書いてありました。

そんなこと果たしてあるのかなと思っていました。人の心を揺さぶるほどのハナシができるとは正直考えられなかったのですが、「大事なことは感情を入れてなりきって喋ると一番相手に伝わる」と本にありましたので私もそれを心掛けました。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

さて撮影本番前、みんなで練習をした時、一番最後が私の言葉でした。「こんなに素晴らしい振袖を扱わせていただいていて、私は本当に幸せ者です。」・・・サラッと言おうと思っていました。ところが・・。
感情が込み上げてきて、言葉を詰まらせてしまいました。・・・マズイ。カッコ悪いので社員には悟られないようにしようと振る舞いましたが、どうやらきっちりバレてたみたい。
ははは
気持ちが入っていたのか、歳をとったから単に涙もろくなったのかは分かりません。でも本番では何とかやり切りました。そんなドキドキした場面もありましたが、これに懲りずに?これからも、みどまのPRに動画をどんどん利用しようと思っている今日この頃です。

次回からは みどまの振袖の長所を伝えていきたいと思っていますので期待してください?

それでは。

hana_line_600
いつまでもキレイをお手伝い!
(有)きもの みどま 代表者 中嶋孝治
〒436-0022 掛川市上張925-8 ☎0537-24-7071

掛川市はもとより、菊川市、袋井市、森町、磐田市、島田市にお住まいの、
成人式の振袖を購入・レンタル・ママ振(お母さんの振袖を着ること)ご希望の方達にとって、
無くてはならない店を目指しています。
どちらにお住いの方も、新しい道を利用していただくと30分もあれば 来ていただくことができます。
広い停めやすい駐車場でお待ちしてます。
「きもの美人にレッツ チャレンジ! チョットの差に