成人式がお嬢さんにとって満足だったかどうかという観点からと、またそのご家族の方たちはどうだったかをテーマに考えてきました。
 
今回は振袖選びが満足いくものだったか、について少し考えてみます。
 
1 振袖の量
「さあ、振袖を見に行くわよ!」と、あるお店に振袖を見に行ったとします。さて、そのお店、振袖を何枚揃えていると、満足ですか? パッと見て、「たくさんあるなあ」と感じるか、「え、これだけ?」と感じるか、もちろん感じ方は人それぞれです。でも、できれば、「たくさんある」中から選びたいとは思いませんか?
 
2 振袖の色、柄、雰囲気
「あ、これパンフの柄だ」とか、「最近はこういう色や柄が流行りなんだね」、「古典柄といっても、昔とはちょっと雰囲気が違うね」など、やはり振袖には流行があるんです。そういう最先端のもの、それから昔から変わらない伝統的なもの・・・。お客様のニーズに応じた、多種多様な振袖を集めてこそ、「振袖を得意としている店」と言えるんじゃないでしょうか。
 

●●●●●●● ●●●●●●● ●●●●●●● ●●●●●●● ●●●●●●● ●●●●●●● ●●●●●●●  
 
「振袖が得意です」と言ってる店であれば、一年中いつ行っても常に100枚くらいは取り揃えているんじゃないですかね。店によってはもっと少ないところもあるとは思いますが、やはりたくさん揃っていてこそ、よい品をご提供できるのだとみどまは思います。
 
みどま店主は、一か月に1回は京都の問屋に足を運びます。問屋から振袖について情報を仕入れ、よりよい振袖を仕入れるためです。ここ最近、振袖メーカーが新作を発表する時期が早くなり、また発表の回数も増えました。メーカーごとに特色があるので、たくさんのメーカーを見る必要があります。だから一気に沢山仕入れるのではなく、「少しずつ何回も」を意識して仕入れてます。   
 
それと、ついでにもう一つ。振袖の仕入れの時には必ず、候補となった振袖を、メーカーの女性社員に着てもらい、着姿をチェックします。このとき、私のこだわりなんですが、 意識的に時間を掛けます。長い時間目にしてると、最初と感じが違うことが結構あるためです。そして、私の納得のいったものだけを仕入れているのです。
 
そんな仕入れ努力の成果が、みどまの振袖売り場にあります。本当に選りすぐりの、自慢の振袖達です。きっと、質、量ともに、ご満足いただけると思います。そして、このたくさんの振袖の中に、きっと、あなたにピッタリの「運命の振袖」があると思います。一度見においでください。
 

hana_line_600
いつまでもキレイをお手伝い!
(有)きもの みどま 代表者 中嶋孝治
〒436-0022 掛川市上張925-8 ☎0537-24-7071

掛川市はもとより、菊川市、袋井市、森町、磐田市、島田市にお住まいの、
成人式の振袖を購入・レンタル・ママ振(お母さんの振袖を着ること)ご希望の方達にとって、
無くてはならない店を目指しています。
どちらにお住いの方も、新しい道を利用していただくと30分もあれば 来ていただくことができます。
広い停めやすい駐車場でお待ちしてます。
「きもの美人にレッツ チャレンジ! チョットの差に チャレンジ!」