今回は、振袖から離れて、私の思うところを少し書きたいと思います。
仕事柄、京都、東京は毎月のように行くのですが、今日は少し別の用事で移動しました。その時に感じたことを少々お話ししたいと思います。つまらないと感じた時点で読むのをやめてください。そう思うと気楽に話せます。今回はいつもの東京とは違って、千葉県の方まで行ってきました。そんな時に感じたことです。
sinkansenn

 

いつもの様に、掛川駅で切符をある割引を使いながら買っていました。その時です。私の直前のおばさん、いや奥さん!を見たらその手にはしっかりインターネットからプリントアウトした路線図。その路線図を握りながら、切符を買っていたのです。その後でした。その路線図をクリアーファイルに入れてしまっていました

新幹線の切符
どこかで見たような光景だなと思っていたら、アッ それはいつも私のしていたことだったのです。いつも行くところだったらそんなことはないのですが、初めてのところへ行くときは、こうするのが私のお決まりのパターンだったのです。路線図をネットでプリントアウトして、それを駅員さんに見せて切符を買っていたのです。別に問題はないのですが、ただおばさんだったのと私が重なっただけの話なのですが。ーーー

 

また もう一つ。今日は出かける目的が違ったので、いつも見ている光景が少し違った角度から見えました。いつもの新幹線の車窓からの光景なのですが、いつもと違ったことを感じました。お墓が新鮮に見えて、日本らしいなまたお寺の屋根のカーブがとても綺麗だと思いました。それに引き換え東京近郊の瓦の載っていない屋根の住宅はイマイチだなと。私は昔から骨董とか和がやはり好きなんですかね。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

以上今日は梅雨の中休みみたいなもので、振袖とは全然関係のない話でした。最後まで お付き合いいただきましてありがとうございました。次回は振袖に戻って、振袖を着る成人式の意義について考えたいと思っています。それでは。

hana_line_600
いつまでもキレイをお手伝い!
(有)きもの みどま 代表者 中嶋孝治
〒436-0022 掛川市上張925-8 ☎0537-24-7071

掛川市はもとより、菊川市、袋井市、森町、磐田市、島田市にお住まいの、
成人式の振袖を購入・レンタル・ママ振(お母さんの振袖を着ること)ご希望の方達にとって、
無くてはならない店を目指しています。
どちらにお住いの方も、新しい道を利用していただくと30分もあれば 来ていただくことができます。
広い停めやすい駐車場でお待ちしてます。
「きもの美人にレッツ チャレンジ! チョットの差に チャレンジ!」