前回、前々回と、【振袖を見る時期】、【振袖を見に行く店を決めること】なんかをお話ししました。参考になりましたかね。
 
さて、いよいよ平成32年成人の方の振袖展のスタートが切られますが、振袖の基本的なことを、思いつくところから順番に書いていきたいと思います。
 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

 
まず時期です書いたとおり、今は、一言で言うと、成人式の2年前から始まっていますよ、ということ。それにも増して大事なのは、それを見に行く店を決めること。どこも一緒ではないですよ、ということは書かせていただきました。
 
さてその次に、そもそも成人式にはどのくらいの人がでているのかなとお思いの方にお知らせします。
 
この地区では80パーセント以上の人が出席しています。
 
そのお嬢さんたちの殆どの人たちが振袖を着用して出席されてます。成人式会場は、それは華やかな雰囲気です。なかなかこんな光景は見られません。まっ、時期になるとテレビのニュースで流れますから、よくご存知ですかね。まさしくこの風景です。
 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

 
ついでにその振袖姿の裏にはドラマがあるのです。
どんなドラマかって? それは、同じ振袖でもどんな振袖をどうやって着ているかということです。買う方、レンタルの方、そして手持ちの振袖を着ている方(通称「ママ振」)・・・この3つ以外の方法はあまり有りません。
 
これから2年先の成人式に向かってスタートが切られます。順番にお考えください。
 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

 
 
まずはじめに、【買う】、【購入】というところから考えたいと思います。
 
昔は殆どの人が買っていました。しかし今は世の中の多様化、価値観の多様化というか、そんな方達ばかりではなくなってきたのが現状です。
 
ですが購入にはメリットがあります。
 
自分の気に入った大好きな素敵な振袖を持てば、これからいつでも何回でも着ることができるのです。成人式前後でも3回は着れるし、友達、親戚の結婚式などには、迷わず何回でも着れます。そう考えると凄く楽しみです。また妹さんがいてそれを着るということであれば、楽しみが倍増します。
 
今回はこれにて終了です。続きは次回に書いていきたいと思います。参考にしてください。
 

hana_line_600
いつまでもキレイをお手伝い!
(有)きもの みどま 代表者 中嶋孝治
〒436-0022 掛川市上張925-8 ☎0537-24-7071

掛川市はもとより、菊川市、袋井市、森町、磐田市、島田市にお住まいの、
成人式の振袖を購入・レンタル・ママ振(お母さんの振袖を着ること)ご希望の方達にとって、
無くてはならない店を目指しています。
どちらにお住いの方も、新しい道を利用していただくと30分もあれば 来ていただくことができます。
広い停めやすい駐車場でお待ちしてます。
「きもの美人にレッツ チャレンジ! チョットの差に チャレンジ!」